So-net無料ブログ作成

子供的な発想に思いを馳せる 「ひらめきはつめちゃん」

どちらかというとおやじギャグがお好きな人に、
大沖さんの作品、「ひらめき はつめちゃん」をお勧めします。

主人公は、はつめちゃんという7歳の女の子。
発明家のお父さんの真似をして発明をしていたという
すさまじいひらめきの力を持つ子です。

彼女の発明品「はこ」と「ネジ」を中心としたほのぼのギャグ作品ですが、
ネタの内容がおやじギャグ的なものが多く若干のシュールさを漂わせています。

また、はつめちゃんのボケに対して、突っ込むお父さんが、
素朴でいい味を出しています。

4コマずつで奇想天外のストーリーがきっちり進んでいきますが、
漫画を読むときに細かいことは気にせず、
その場の面白さをとるという人は是非読んでみてください♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

6位に入った 「いとしのムーコ」

講談社「イブニング」で連載中の「いとしのムーコ」が、
「全国書店員が選んだオススメコミック2013」で6位に入りました!

その関連があったのか、フジテレビの「めざましテレビ」で、
作者のみずしな孝之さんが紹介され、
作画されているところや、インタビューなどが放送されました。

「いとしのムーコ」は、犬のムーコと飼い主のガラス職人こまつさんの物語です。
ムーコは、飼い主のこまつさんが大好きで、自分と同じ犬になって欲しいと願っています。
水浴びしたり、氷のボール追っかけてカジカジしたり、ムーコがすること全部が可愛いです。

私は特に犬好きではないけど、それでもムーコの頭もふもふしたくなります。
ムーコはまさに癒し系キャラ。

それに、何気ない日常の、全然ふつーのお話なんだけど、
心のどっかがほっこりしてきます。

誰にも日常の中にこんな愛しい存在がいるんだよと言ってくれてるようで、うれしいくなります。

コミックスは2巻まで発売中です。

********************************************************************
マンガを読むなら、スマートフォンでいつでもどこでもお気に入りの漫画が読める!
電子コミック・レディースコミック配信中

傑作近未来サスペンス「秘密」

もし自分の脳の中身を見られて記憶や考えていたことを他人に覗かれるとしたら、どんなに気持ち悪いだろう。
けれど、それによって犯罪が解決するとしたら。そんなことが出来るようになった未来が舞台です。

犯人の脳だけでなく、被害者の脳の秘密までも暴いていく事がどれだけおぞましく悲しいことか。そして、犯罪者の思考を映像で見ることによって精神だけでなく人生も狂わされることも。善悪だけでは片付けられないものに切り込んでいる漫画です。

http://xn--mck6dya6byc.awe.jp/

今までわたしが読んだことのある漫画は、ワンピースなど皆さんも知っている有名な漫画ばっかりでこのような作品は読んだことがなかったのでわたしには斬新でとてもおもしろいと感じました。

最近の漫画を読んでつまらないって思う方にぜひ読んでほしい作品です。

電子コミック ipad

純愛に生きる男たち 北斗の拳

私が好きなマンガは「北斗の拳」です。
結構昔の漫画ですが、今読んでも楽しめる作品の一つだとわたしは思います。
この漫画のストーリーは主人公「ケンシロウ」が婚約者であるユリアを助けるために旅に出るところから物語は始まります。

スマホ電子コミック

荒れ果てた時代に、自らの宿命に命をかけ女の愛のために自己犠牲さえも厭わない真っ直ぐな個性的なキャラが惜しげもなく数多く出てきます。
愛のために道を誤ったり、一つの愛のためにぶつかりあう男たちが眩しい、今の時代に失われつつある熱く男気のある心意気を感じさせる異色の純愛マンガです。
わたしが一番好きなシーンは、全然歯が立たなかった兄ラオウにケンシロウが倒すシーンが印象的です。

古い漫画だからと思って避けずにぜひ読んでみてくださいね。

http://xn--h9j0c4gpa4f1ho214cot0a.biz/

名作、「鋼の錬金術師」

数年前、完結を迎えた超大作「鋼の錬金術師」。
ほとんど説明の必要が無いほど、売れたコミックになりますが。

母を亡くした兄弟が錬金術で母親を復活させようとして失敗して、兄は足を弟は魂以外の「体」を失ってしまう。
そして、失われた弟の「体」を復活させるため強大な力を秘める「賢者の石」を求めて世界を旅する兄弟のお話です。

その「賢者の石」と「錬金術」から巻き起こる事件はどうやら、彼ら錬金術師の兄弟の父親の過去と密接に関係があり・・・。

母と兄弟を見捨てて旅立っていった錬金術師の父親と最終的には「和解するため」の旅だったんだろうという王道の少年漫画です。

アニメと原作マンガがほぼ同時期に完結するという見事?な製作サイドの手腕にも脱帽しました。
まれに見る傑作です。

電子書籍 めちゃこみ

懸賞は当たる!当たるのは運か? [懸賞メインメニュー]

インターネットの懸賞は当たったことが少ないし、当たっても実感がわかないような当たりしかなかった。

リアル店舗の抽選や懸賞には当たった事が記憶に鮮明に残っている。


その場で当たるガラガラなどはリアルでまさかの特賞や2等などが当たったのはそのスチュエーションがインプットされているようで、布団乾燥器や電気毛布が当たったことはかなり嬉しいというか驚きでした。

え?!ホントに当たった!というのと当たるんだ。というのと当たりってそんなにないはずなのに・・・というのとです。そして特にびっくりしたのが百貨店のお正月の懸賞でお買い物をした人がクイズに挑戦できるハガキをもらってその場で記入して応募するという懸賞で店員さんに必ずハガキ入れてくださいね、と言われ そんなに当るもんじゃないと思いながらとりあえずハガキを出しました。

すっかり忘れていた2カ月後、なんと1万円のギフトカードが届いたのです。

今までも欲しいなとか狙ってやろうと思う懸賞には当たりません。 

でも、え?って思う懸賞にはなぜか当たってきました。懸賞は確かに当たりがあると思います。

はずれた時は どうせ当たりなんか無いんだこんな懸賞なんてと思うのに 当たるとこれは運が良かったのかな?といつも思うのです。

懸賞応募で、わずかながらの当選確率 [懸賞メインメニュー]

何度か懸賞でハガキとかネットで送っていますが、まったくあたらなかったわけではなく、確率は低いけれどもあたってはいます。

30~50の懸賞に送って1つ程度が当たる、確率でいえば2~3%ぐらいが当たりではないかと概算では考えています。

もれなく当たるとか化粧品などの試供品は当たるため、これらは当然送ってきます。問題は抽選で1000名様とか、100名様といった類のものです。せいぜい当たったとしても1000名様以上当たる懸賞の場合に限っており、それに満たないような当選者数ではまず当たらないと考えたほうが無難です。

その1000名様ぐらいの懸賞で、シャンプーとリンスがセットできんちゃく袋に入ったものが箱入りで送られてきたことがあります。

私の懸賞熱が再び [懸賞メインメニュー]

懸賞大好きです。
高校生の時、軽い気持ちで応募したティーン誌の懸賞で、Tシャツ3名様になぜか
あっさり当選してからはまり、高級カニ詰め合わせや、タレントのサイン入りテレカ、歌舞伎のペアチケットなど当時色々と当選していました。


しかし、官製はがきをデコって応募していたのが大変手間だったこともあって、
それからしばらく懸賞から離れていたのですが、最近ウェブ懸賞の手軽さを知り、
再び懸賞熱に火がついてしまいました、


まずはがきが必要ないので費用もかからないし、住所や名前を書く手間も省けます。
懸賞サイトをお気に入りに登録し、ここ2ヶ月、一日5件ほど応募していますが、
今日初めて、チキンラーメン5袋パック+オリジナル携帯クリーナーストラップが
当選したのみで、そう簡単にはいきませんね。


応募しすぎて、一体何に応募したのか全く把握していませんが、
ルンバに当選する事を目標に、これからも懸賞は続けていこうと思っています。

私の懸賞のコツと注意点 [懸賞メインメニュー]

私は懸賞が好きでよく応募します。当選率は大したことないのですが、平均すると月に6つくらいは当たっています。

当選確率はだいたい5%くらいでしょうか。

私は雑誌や近くのスーパーやCMでやっているような懸賞なども色々応募しているのですが、一応応募する時に怪しい企業かどうか軽く調べてから応募します。

経験上大きな会社だと基本的に安心なのですが、ネット応募しか募集していない、見たことも聞いたこともない何をしているかもわからない会社の懸賞だと、応募した後にダイレクトメールや自宅に勧誘の電話が掛かってくるので注意です。個人情報を漏らしているのでしょう。

大きな会社だと個人情報漏洩の心配は大丈夫なのですが、その分当たりにくいですね。

あと懸賞は運がいい悪いよりもどれだけ多く応募したか、によると思うので、私は手当たり次第に送っています。

とこれからも検証に関連する情報をこちらで紹介していくよ。

タグ:懸賞

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。